熊本地震

はじめに…

今日で一連の地震発生から1か月。被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

今回は私が体験した熊本地震の事と、この1か月過ごしてきたこと。私のアウトプット的なブログになってしまいますが、4月の末からちょっとずつ書き溜めたものを掲載します。

長文のうえ、地震の事なので、読むのがきつい方にはご覧にならないことをおすすめします(>_<)

 

ここに記した出来事は思い返せる範囲で、特に揺れてからのことはあっという間すぎて事実とは違うこともあるかもしれませんがご了承ください。

4月14日(木)~避難~

入学式の2日後でした
入学式の2日後でした

4月14日(木)のいわゆる前震の日。

子どもたちが通う小学校の歓迎遠足を明日に控えていたので、準備などでバタバタしながらも夕食を済ませ、我が家はこれから寝るぞっていうときでした。ビールを飲んでいた主人は一足早く2階の自室で横になっていて、次女はめずらしく1番にお布団にはいっていて、もしかしたら寝ていたのかもしれません。私はまだ布団に入っていない長男と長女に「はやくねなさーい!」なんて言っていたと思います。

そんないつもの日常でした。

コタツから立ち上がろうとした瞬間、グラッと大きな横揺れを感じました。

「!? いつもより大きい」と思った瞬間、長男長女は瞬時にコタツの中へ。と同時にさらに大きな揺れが。「命が危ない地震だ!」と、とっさに布団にもぐっていた次女を抱えて長女と長男がもぐっているコタツのそばへ。それと同時に主人が「落ち着いてーーー!」と大きめの声で足早に降りてきました。

揺れはすぐに収まったので、避難するためにそれぞれ上着を羽織って外へ出ました。

 

この時、ちょっとの身支度はできたので、まだ余裕があったことに、本震後気づくことになります。

<避難>

怖くて体育館には入る気になれませんでした
怖くて体育館には入る気になれませんでした

「大きな地震があったら、小学校の校庭へ避難する。道がなかったら隣の大きめの駐車場へ避難する。」

災害時のルールを我が家ではそんな風に決めていたので、家から数十秒のところにある小学校へすぐに向かいました。

お隣さんやご近所さんもみんな家の外へ出ていました。

お互いの無事を確認しつつ、足早に学校へ向かいます。学校へ向かっていたのはほんの数組でした。体育館の電気がついていましたが、入口のところで数名が何か 話し合いをしていて、まだ入れる雰囲気ではありません。私たち家族は校庭の真ん中に家族で固まって「怖かったね」「もう大丈夫かな」なんて話して気を紛らわせました。

仲の良いママたちとLINEでお互いや子ども同士の無事を確認しあうとホッとしました。

 

余震とおもわれる揺れが幾度となく続くなか、次第に体育館が少しづつ騒がしくなり、校庭もポツポツと人が現れ始めます。

どのくらいの時間が過ぎていたのかはっきり覚えていませんが、ある時、大きな地鳴が足元から体中に響き渡るとともにドンと大きな揺れがきました。「今日は家で寝れない」多くの人がそう思ったのだと思います。車で避難してくる人も現れ、校庭も避難者が増え始めました。

自宅はすぐそこでしたので、レジャーシートや毛布など、主人と交代で取りに行きました。いつの間にか日付が変わり、大きな余震と地震速報の間隔がちょっとあいたように感じた頃、私たちも車で寝ることにしました。

15日未明から、校庭は車で避難してきた人であふれていました。

 

車に居ても揺れは感じるので、そのたびにドキドキしました。

車内は少し寒くて、長女と長男は寝れずにいる中、1年生になったばかりの次女のすやすやと寝ている姿が、気持ちをちょっとだけ和ませてくれました。

故郷の家族や友人から心配のメールが届くなか、現実に起こっていることがまだ自分のことと思えず、不思議な感覚でした。益城辺りの被害がひどい事もこのとき知りました。

 

長男長女も眠り、辺りが白んできたころ、余震も収まってきたので、帰宅して寝ました。

 

15日は「余震に気を付けよう!」を合言葉に、避難準備をしたリュックを各自用意し、いつでも外へ飛び出せる恰好ですごしたりしながら、電気・水道・ガスは使えたので洗濯したり仕事の再開日程調整したり割と日常的な生活を送っていました。

夜には余震もだいぶ収まり、主人とビールを1缶だけ飲んで家族が無事でいられたことを喜びあいました。

4月16日(土)~被災~

開いていた数少ないドラッグストアで
開いていた数少ないドラッグストアで

2回目の揺れ、いわゆる本震がきたのは、4月16日(土)未明の家族みんなで熟睡している時でした。

熟睡していた中、強い揺れを感じ起きると、主人が「起きて!」と大きな声で子どもたちに呼びかけていて、みんな寝起きで「???」の中グラッとさらに大きな揺れが襲うと電気がバッと消え真っ暗に。1回目とは比じゃない怖さを覚えました。「逃げてーーーー!!!」主人の叫び声。主人が長男の手を引いているのがわかったので、次女を抱きかかえ長女の頭を寄せながら歩くのがやっとの中、玄関へ急ぎます。

 

準備したはずのリュック、真っ暗で誰が誰のか分かりません。

玄関に整然と揃えたはずの靴、真っ暗で誰が誰のか分かりません。

 

この作業でかなりもたつきながらも、何とか隣の駐車場へ逃げると、近所の人がみんな軽装で家の前で立ち尽くしたり車に乗り込んだりしていました。

そして、いろいろと持って出れなかったものがあることに気が付きます。

携帯・次女の靴・長女のリュック・懐中電灯。

揺れは絶え間なく続いていて明らかに1回目よりも状況が悪く、家族で抱き合いながら身を寄せました。地鳴りがするたび響く悲鳴。家が倒壊するんじゃないか、地割れするんじゃないかという恐怖。

そんな中、1台の車に乗った男性が窓から「この辺にガス漏れ情報があるから気を付けてください!」の注意の呼び掛けで、みんなパニック状態に。

14日の地震で避難する流れはだいたいの家庭で出来ていたので、それぞれ学校や集会所などへ避難先へ向かっていると思われる車が何台か通っていきました。

早く私たちも避難しなきゃ!

主人は避難グッズがぞろってないのは危ないといったん取りに戻り、冷や冷やしましたがその後みんなで小学校の校庭に車で避難し、その日は車中泊しました。

 

 

<被災>

余震におびえる中の癒される一コマ❤
余震におびえる中の癒される一コマ❤

避難先の校庭で、昨日より大きな揺れ・大きな恐怖にほとんどの人が疲れの色を隠せないでいたのを感じました。

避難中の行動で1回目と大きく違ったのは、まず無事でいることを報告しなきゃ心配してくれる人に迷惑かけると、FBやLINEなどSNSを活用して情報発信したり、役立つ情報収集することに必死になりました。

LINEで家族と無事を伝えるやり取りをしてる時、「あー、私、被災してるんだ」と急に実感がこみ上げ、怖くなり、14日の揺れ以降初めて涙があふれました。

 

友達と無事を確認しあって喜んだりするうちに朝になり、余震が落ち着いたのとお腹がすいたので一旦家に帰りました。夜はしばらく家で眠れないなと思いました。

昨日は出ていたお水が今日は出ません。それでも夜になって茶色い水が出たのと電気とガスは使えたので、我が家はずいぶんと助かりました。

 

その日から日中は家、夜は学校という避難生活。

 

一時帰宅でだいぶ回復は出来るものの、続く余震に3回目が来るかもしれない恐怖。

SNSやテレビで流れてくる、被害にあわれた方のニュースや熊本城・阿蘇神社・阿蘇大橋・三角港など思い出の景色の無残な姿。

近所に空き巣が入ったらしい、強盗が出ているらしいなどの情報もあったので、「ここが倒壊したらこう動こう」「こんな人が来たらこう闘おう」など色んなシュミレーションを重ねる疲れと、「子ども達を守り切れるかな」っていう日々の緊張。

負けないぞ!頑張るよ!っていう希望や奮起を見出しつつも、先が見えない現状。

 

子ども達の寝顔を見て「今日も無事だったな」って思ってその事実だけに喜ぶ現状。いつも気丈な長女が「家じゃ怖くて寝たくない!」と一番家を怖がっているのに、学校の校舎は避難所縮小で閉鎖することに。それからは駐車場で車内泊したり、家で寝るときはいつでも逃げられるように寝室の窓を開けつつも治安が悪い状況だったので主人と交代で寝たりして、しばらく過ごしてました。

みんな疲れがピークでイライラするし、このままじゃ子ども達にもよくないなと、支援制度を利用して県外へ一時避難することにしました。

県外へ

私たち家族は佐賀と長崎に一時避難という形で避難しました。

余震のない生活、おいしい食事で心身ともに元気を取り戻すことができました。

子ども達が笑顔ではしゃいで過ごしてくれたことがなにより嬉しかったです。

 

息子が避難先の旅館へのお礼に!と描いてる絵。

宿泊中には完成しなかったので、持ち帰り、現在細かいところを修正中。完成したら贈る予定です(*^^*)

 

帰る日は熊本に帰りたくない!なんて思っていたのに、帰り道、「やっぱり熊本がいいね」って家族で笑って話せました。熊本の良さを改めて実感させてもらえたことにも感謝です。

「日常」へ

初の一人で登校!
初の一人で登校!

現在は学校も始まり、今月末に開催される運動会へ向けての練習や新生活を子ども達それぞれ頑張ってます。

余震はまだあるし、登校はヘルメットや帽子着用だったり、大型スーパーなどあいてるお店が少なかったり、今までの「日常」とは違うことがいっぱいあるけど、いままで通りの生活をとり戻そうとしてる人・失ったものを立て直し新たに築き上げようとしてる人・県外に出て慣れない環境でスタートを始めた人・地震の体験と向き合うのが怖いけどひたすら耐えている人・みんながそれぞれいろんな形で頑張っています。

だから何となく、がまだせとかがんばろうは、まだ使いたくない自分がいたりします。

支えてくれてありがとう!頑張ってます!
支えてくれてありがとう!頑張ってます!

余震は減ったとはいえ、3回目に備えて。。

今も懐中電灯は枕元、避難準備のリュックは家族分準備してあります(`・ω・´)

 

このリュックが役に立つ日が来ないことを願いつつ。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    広島のくにえ (日曜日, 19 6月 2016 21:38)

    はじめまして。地震対策について調べていて、こちらにたどり着きました。
    まず何より無事で良かった、これを読んで本当にそう思います。どんな状況だったか、どんな行動をとったか、詳しく書いてくれているおかげで自分に置き換えて想像しやすく、すぐに対策に生かせます。早速、懐中電灯の強化をしました(揺れたら点灯するタイプを設置するなど)、明かりはやはり重要ですね。あと避難リュックも見直しました。
    経験者の話は本当に貴重で、本当にありがたいです。書いてくださってありがとうございます!何年か前に遊びに行った熊本、近いうちまた絶対行きます(^^)

  • #2

    takami (月曜日, 20 6月 2016 23:12)

    広島のくにえ 様

    コメントありがとうございます!スマビの山部です。
    地震対策されていらっしゃるのですね!お役に立ててとても嬉しいです☺︎

    この後、救急セットや寝袋なども揃えたりして、気持ち的にはまだまだ油断できず、、ライトは主人がパワーアップしたのを2本買いました。でも、ヘッドライトを付けて寝ている方もいらっしゃる程に暗闇は危険なので、広島のくにえさんのライトはより強力で心強いグッズですね*\(^o^)/*

    熊本にいらした事があるのですね。最近はまた余震を感じるようになり不安もありますが、安心できるようになった頃、水や食べ物の美味しい熊本へぜひぜひ!また遊びにいらして欲しいと思います。熊本城や阿蘇神社の復興も、お住いのところから見守っていただけたら嬉しいです☺︎

    もちろん、対策グッズは使わずじまいでありますように!

イベント情報

2017.10
10 11 12 13 14
15 16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017.11

      3
10 11
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スマビをご覧いただき
ありがとうございます

スマビ新着情報!

2017年▽

10/19サポートブックを作ろう!開催!

9/10ブログ「高校教師」up☆

6/28ブログ「ドラマチック」up☆

5/31ブログ「6年前」up☆

3/31「おもてなし」uo☆

2/27「世界に一人だけのためのトリセツ」

1/30ブログ「スマビスタイル」up☆

2016年▽

12/26ブログ「スマビとして」up☆

12/18アイシングクッキーを作ろう!開催!

9/25ブログスカッとボウリング!up

9/24サポートブックを作ろう!開催!

7/30 ブログsacramentup☆

6/30 mirainowa☺再開です!

5/14 ブログ熊本地震」up

3/26-27ららマルシェ開催

2/7 わくわくまつり開催!

2015年▽

12/29 ブログ「Thankyousmile☺」up☆

10/30 サポートブックを作ろう!開催!

8/30 ららマルシェ夏開催!

6/18 スマビ勉強会✐開催!

3/14-15 ららマルシェ開催!

3/3 ブログ「28年7か月」up

1/28 スマビ勉強会✐開催☆

2014年▽

11/10 「わくわくまつり」開催

8/26 ららマルシェ♪秋

up☆

7/14 ブログ「sukinamono」up☆

5/9 ブログ「mirainowa♪」up☆

3/31 ららマルシェ♪報告!

2013年▽

11/21 サポートブック勉強会報告

11/11 偉人館更新☆

  「波多野麻記さん」

9/30 講演会「きょうだい児の想い・必要な支援」の報告♪

7/24 「エンゼル基金交付式に行ってきました!」up☆

6/29 スマビ勉強会✎報告!

5/31 偉人館更新☆
  「ソルトさん」

5/16 ブログ「まぼろしのウィー」up☆

2012年▽

11/22 きょうだいのWA!

スタート!

9/21 サポートブックを作ろう!開催☆

4/5 偉人館更新☆

  「園田道子先生」

2011年▽

12/13 偉人館更新☆

  「村山陽子さん」

11/18 偉人館スタート!

  「今村三奈子先生」

9/19 ブログ私の「受容」up☆

9/1 スマビHPスタート!!

8/1 スマビHP開設☆

25・26年度

エンゼル基金助成金交付団体

スマビへようこそ!!
スマビへようこそ!!

☆おすすめの本☆

↑障がい関連の本が豊富です☆