2011年

9月

19日

私の「受容」

わが子の障がいを受け容れるということの「受容」

支援を考えるうえで、立ち向かわねばならない問題のひとつではないでしょうか。 

支援に限らず、ここを越えなければ次に進めないのではないか、と思う方は多いと思います。

実際そうなのかもしれません。

でも、私は今の時点で、「受容ができていますよ!」と、言い切れる自信はありません。

正論をならべても、カッコいいことを言ったって、頭では理解していても、

心では受けとめきれないことは、誰にだってあると思うのです。

そんな自分を責めて、更に状況が悪化するくらいなら、受容は一生かかってしていけばいいじゃないかと、今の私は思うのです。

 

受容していなくとも、支援の手立てを考え、実践していく一歩を踏み出すことはできるはず!

 

子どもを愛するが故の苦しみや葛藤の日々にいる親御さんは沢山います。

愛するが故と気が付けないで、愛せていない、と、子どもと共に傷ついている親御さんも沢山います。

私は偉くもないし、出来た母親でも、人間でもありません。

でも、それぞれの、「受容」に辿り着くまでの暗く長い道のりを、そこをまだ歩み続けている私だからこそ、スマビを通して共に寄り添い、歩んでいきたいのです。

共に歩み、気持ちを共感・共有することで、いつの間にか背中を押されていることが共に沢山あると思うのです。

頼りないかもしれませんが…(^_^;)

 

暗い気持ちを持ちつつも、3歩進んで4歩下がり、しばらく進めず…ある日半歩進む、でいいじゃないか!

 

子ども達のかわいい笑顔に笑顔をかえせるようになるために。

子ども達がキラキラと輝きつづけられるように☆

 

願いは同じじゃないですか?

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    かのん (火曜日, 20 9月 2011 16:35)

    受容するのにだいたい2年ぐらいかかりますね。
    みなさん悩んで通り抜けられます。
    大丈夫。
    子どもの笑顔のために頑張れる!

  • #2

    takami (水曜日, 21 9月 2011 14:52)

    かのんさん
    コメント有難うございます(*^▽^*)!
    2年ですか~;
    息子の診断をもらってから、2年くらい過ぎたころ、受容はもうできた、と思っていたのですが、就学活動(?)の時に支援クラスを選択するかしないかで悩んでしまいました。
    受容の壁を越えたつもりでいましたし、息子が支援クラスに通うことが当たり前、と、ずっと思ってやってきたのに、です。すっかり自信がなくなりました。
    診断を受けた時と同じくらいの大きな壁でした。
    頭で考えていることと、心の中に潜んでいた気持ちのギャップを知り、自分の未熟さや卑しさを主人と二人で思い知り、それから私なりの受容の意味が少し変化したんです。
    息子に告知をする機会が、そう遠くないうちにやってくるので、その時までには少し進歩できていられるようにしたいと思っています。(もちろん私が、です;)
    ちょうどその頃が、二回目の2年かもしれません。

  • #3

    湘南のかつお (水曜日, 21 9月 2011 15:23)

    障がいの程度にもよるのだろうけど
    幼少期には誰もがぶち当たる壁だよね。
    そんなときにこういうスマビのような存在は
    絶対必要だし、ありがたいと思うよ♪

    子供の成長することによって
    悩みが増えたりすることもあるんだろうね。
    takamiちゃんの場合は一度は受容できているのだから
    息子くんがいかに生きやすく生活できるかを
    考えての壁っていうことだよね。
    受容という言葉にとらわれず、今のまま
    つき進めば良いと私は思うよ~。
    (な~んてなんか偉そうだね…)

    という我が家も来年は就学!!
    いまから不安はいっぱいです~。



  • #4

    かのん (水曜日, 21 9月 2011 16:58)

    私は次男の時の受容がなかなかできませんでした。
    期待していたからかな?
    すごく苦しんで摂食障害で体重が7,8キロ落ちました。
    周りの人たちに支えられ、少しずつ受容したきたように思います。
    これからもいろいろあるけど一緒に乗り越えていきましょうね。

  • #5

    takami (木曜日, 22 9月 2011 14:05)

    湘南のかつおさん
    もしかして、私を「津○ちん」と呼ぶかつおさん!?
    スマビを見てくれて、しかも嬉しいコメントも、有難う!

    一度は受容が出来てる…つもり、でも、そう言っていいのかな(*_*)
    まだ障がいの可能性すら受け入れられなかった頃、湘南のかつおさんからもらった勇気とパワーが始まりで、今こうしてやってます!ダメダメ母ちゃんだけど;

    >受容という言葉にとらわれず、、、そうだね、全くっていうのは、きっと性格上出来ないかもしれないけど、頭の隅においてみて日々過ごしていこうと思います(*^_^*)

    湘南のミニかつおくんにとって、いっぱい笑うことのできる学校に通えるといいね!
    我が息子は「学校楽しいバイ!」と鼻をフンフンして通ってるよ(*^▽^*)
    またのアドバイス、よろしくです♪

  • #6

    takami (木曜日, 22 9月 2011 14:06)

    かのんさん
    コメント有難うございます(*^▽^*)!


    >期待していたからかな?

    まさしく、あの時の私と主人は、そうだったんだと思います。
    入園前の検査で1歳半の言語の理解と表出といわれた、その時もうすぐ4歳になる息子が、入園してからは素晴らしい支援のおかげでビックリするほどの成長を遂げていました。

    そこに息子の「みんなと一緒がいい」という気持ちからくる、とてつもない頑張りを忘れていたんだと思います。
    かのんさんは摂食障害を経験されたんですね。
    かのんさんの優しくて愛情が伝わってくる言葉は、そうしたつらい経験も超えられてるからこそ、なんですね。

    >周りの人たちに支えられ、少しずつ受容したきたように思います。
    今の私がそうだと思います。

    これからも、かのんさんの、様々なアドバイスを宜しくお願いします(*^▽^*)!

イベント情報

3月はお休みですzzz

スマビをご覧いただき
ありがとうございます

スマビ新着情報!

2017年▽

2/27「世界に一人だけのためのトリセツ」

1/30ブログ「スマビスタイル」up☆

2016年▽

12/26ブログ「スマビとして」up☆

12/18アイシングクッキーを作ろう!開催!

9/25ブログスカッとボウリング!up

9/24サポートブックを作ろう!開催!

7/30 ブログsacramentup☆

6/30 mirainowa☺再開です!

5/14 ブログ熊本地震」up

3/26-27ららマルシェ開催

2/7 わくわくまつり開催!

2015年▽

12/29 ブログ「Thankyousmile☺」up☆

10/30 サポートブックを作ろう!開催!

8/30 ららマルシェ夏開催!

6/18 スマビ勉強会✐開催!

3/14-15 ららマルシェ開催!

3/3 ブログ「28年7か月」up

1/28 スマビ勉強会✐開催☆

2014年▽

11/10 「わくわくまつり」開催

8/26 ららマルシェ♪秋

up☆

7/14 ブログ「sukinamono」up☆

5/9 ブログ「mirainowa♪」up☆

3/31 ららマルシェ♪報告!

2013年▽

11/21 サポートブック勉強会報告

11/11 偉人館更新☆

  「波多野麻記さん」

9/30 講演会「きょうだい児の想い・必要な支援」の報告♪

7/24 「エンゼル基金交付式に行ってきました!」up☆

6/29 スマビ勉強会✎報告!

5/31 偉人館更新☆
  「ソルトさん」

5/16 ブログ「まぼろしのウィー」up☆

2012年▽

11/22 きょうだいのWA!

スタート!

9/21 サポートブックを作ろう!開催☆

4/5 偉人館更新☆

  「園田道子先生」

2011年▽

12/13 偉人館更新☆

  「村山陽子さん」

11/18 偉人館スタート!

  「今村三奈子先生」

9/19 ブログ私の「受容」up☆

9/1 スマビHPスタート!!

8/1 スマビHP開設☆

25・26年度

エンゼル基金助成金交付団体

スマビへようこそ!!
スマビへようこそ!!

☆おすすめの本☆

↑障がい関連の本が豊富です☆