今村 三奈子先生interview

Q1 先生が特別支援教育をはじめたきっかけは?

  さつきヶ丘保育園でほしぐみを始めたのは12年前。

当時は障がいのある子どもを受け入れる園のない時代で、たらいまわしにされたり集団生活が難しかったりする子ども達の出会いもあり、

安心できる場所「特別支援クラス」を作ろう!

と支援クラスの立ち上げを決意しました。


特別支援クラスは、子ども達にしっかり輝いてもらいたいという想いで「ほしぐみ」と名付けました。


 障がいの有無にかかわらず、子どもがただカワイイ!でも、あまりにも無知だったので、立ち上げに携わっていた保育士が三人三様の勉強をし、それぞれこうした方がいいと大山洋先生を交えて、毎日910時まで話し合い知恵を出し合ってほしぐみが生まれました。

新人保育士の社会性などの指導もしてました。3人(の保育士)とも、子どもや保護者に対する感覚が一緒で、共に歩む姿勢を崩さず、共に歩んだという感じでした。


 そうしていく中で、周りから「障がい児保育のある園」「個別指導をしている」など注目されるようになって、受けいれ保育園があるということで、校区外からも入園してきてくれるようになってきて、実践会で養護学校の先生にサポートされながら、「特別支援クラスの実践報告」という講演からスタートし、実践報告など講演活動の依頼が来るようになりました。入園してきたその子どもや保護者の方々から教えられ、日々進化していったと思います。

 今では実践報告と一緒に、障がい児保育に取り組む先生に対して、意識として持って欲しい事など、保育士としての姿勢も講演するようになりました。


<対象者は主にどのような方ですか?>

 県内の幼稚園保育園、特別支援学校、県内の小学校、中学校、療育関係者など。

 

Q2 移行支援の講演もされていらっしゃいますが、その内容などを教えてください。

移行支援はとても難しく、学校側に保育士の移行要望を受け入れてもらえないことが多いんですね。


今までの講演では、移行支援が上手くいっている、熊本市のA小学校のM先生と一緒に、移行前と後をまとめた報告を発表したりしました。

学校の先生と一緒に話すことで、学校の先生が関心をもってくれるので、一緒に講演するのは貴重な体験です。

 学校の先生と信頼関係が出来ていることにまだ驚く先生方もいらっしゃるので、実践出来ないところはあっても、いい例として、話せる機会があればどんどん話していきたい。

子どもが安心して過ごせる環境を園が見いだせているのであれば、小学校でも取り入れていってほしいと思う。その子が安心できるベースになるので…

 でも、園側の伝え方も大切。相手の様子を見たり、経験もありますが、腕の見せ所ですよね。

…わかってはいるんですけど、しょっちゅうヒートアップしちゃうんですよね!

そこはもっと成長しないとと思ってます()

 

Q3 先生の信念や、揺るぎない想いなど教えてください!

何かがあってと言うよりは、今までの出会いや経験が軸になっているので、保育士をはじめたときから障害の有無にかかわらず、子どもへの想いは変わらないです。

子どもに必要なものは保育者として(支援を)やっていきたいと思っています。

 

支援に携わるようになってからは、子どもの家族も支えたいと思っているし、子どもの成長を追いかけていく存在でありたいとずっと思ってます。


Q4 今後取り組んでみたい事や注目している事は?

今は幼児期だけだけど、卒園した子の成長によって、その先も色々と見て勉強したりしなくてはいけない時期が来ると考えている。

 

今までの(支援などの)経験を伝えたり実際に困っている園の先生方のところに行って、介入出来たらいいなと思ってます。

難しい問題もあるが、そういう活動も視野に入れていきたい。


Q5 先生の夢❤そして余暇活動を教えてください!

海外に行って障がい児保育に関わってみたいと思っているけど、子どもがまだ小さいので、昔から異文化に興味があるから、世界をいろんな角度で見て見たい!

美味しいものを食べたり

ストレス解消法は買い物!洋服が大好きなので、福岡まで買いに行くこともありますね♪

映画美味しいものを食べに行ったりお酒も大好き♪

何事も楽しむ主義ですね~(*^^*)息子にもそう言われるほどです()


Q6 スマビを見ている方へのメッセージをお願いします!!

支援者という立場だけど実は支えてもらっていると思っています。

みんな支えあっている。人間みんな一人では難しいので、

どんな立場の人も困っていたら支えたいという、

そういう気持ちでみんながいるといいなと思います。

 

 

いかがでしたか?

実際に動画をご覧いただくことで、三奈子先生の人柄や雰囲気など、

より深く、お伝えできたのではないかと思います。

これをご覧になって、

「三奈子先生に講演や介入など、お願いしてみたい!!」等、

連絡を取ってみたいと思われた方は、さつきヶ丘保育園までお問い合わせください!

 

動画のインタビュー内容はこちら↓

先生の熱い想いを教えてください!

熱い想いは、障がい児保育に関わってからは、「一生この仕事をしていこう」と思ったんですよね。形がどうであれ一生やっていきたい


伝えたい事は「保護者と一緒にやっていきたい」っていうこと、「子どもの為に必要なものは、周りはやって当たり前!」と思ってほしいということ。

そういう気持ちに なってもらえるように働きかけたい。


楽しく子どもと関わって欲しいし、色んな支援を大変と思わないような伝え方をしたいですね。楽しめる気持ちを共有して ほしいと思います。

子どもを支える保護者の気持ちに寄り添えるようにと、いつもふつふつと思っている。


TEAACHのショップラー先生「自閉症の人が自閉症のままで」とか、どの障がいでもそうですけど、「ありのままに」…ですね。

本人が努力しているので、周りがしっかり支えていくこと。(が大事)

勉強を必要とする、忙しいお仕事だと思いますが、家庭との両立の工夫などありますか?

人生経験が豊富なので()、人よりも欲張って生きてるんですけど、曲げられない部分があるが故にそういう人生を送ってるんだと思うんですけど、そういうところで悩んだこともあったし…。

長男は、もう19歳 だけど、小さい時とか反抗期になる前とか落ち着かない時は「母親のせいかな」、とか、自分を責める時もあったし、人から言われることもあったんですよね。

それですごい悩んでた時期もあるんですけど…、その時は只々一生懸命に過ごしていたんですけど、、

でも結局は、後になって長男と話した時に、

「お母さんが保育園 の仕事をしている方が好きだ」

 って言ってくれたんですよね、…泣きそうになる~!ずっと昔に…今はどうかわからないですよ()

 でも、今もそうだと思うんですけど、多分その時が、私が生き生きしてた時だし、普通の人は家に仕事を持ち込まないと思うんですけど、私はすべてを持ち込むので()「さっちゅん(我が息子の愛称です!)がね~」とか、家族に話すし。

家族はそういう話をずっと聞いてきたんですけど、そういう自分の性格とか、子どもも大きくなってくるとわかってくれるし、もちろん自分も努力は色々したんですけど、認めてくれるというか、「あ~わかってくれるんだな」ってわかった時にちょっとホッとして。

それから自分の中では両立は上手になって来たかな()、 と。

それまで迷いながらずっとやってたところもあったんですけど。

 

障がい児保育をする前の保育士の時もそうだったんですよね。

どっぷりはまるので、「共感して欲しい!」ってつい思っちゃうんで、家でも言ってたんですけど、仕事とプライベートをハッキリ分けることが私の中にあまりなくて…仕事が嫌とも思ってないからですね。別にならない。

買い物してても「さっちゅん喜びそう!」とか()


でも自分の時間はあって、ボーっとしたりするし()海外ドラマ観たりとか。

今は帰宅したら子どもの事を全部して寝かしつけて、洗濯物を済ませて、一緒に寝ちゃうこともあるけど、ビールを飲みたいがために頑張って起きる()

 

 土日はゆるっとしてます。あんまり仕事から距離を置こうとかはないですね。仕事が生活の一部になってるので…それで家族がどう(感じている)のか分からない ですけど、でも長男は「それがお母さん」って言うと思うし、娘もそうなってくるんじゃないかなと思うんですよね。家族の存在が支えてくれる。母子家庭だか ら余計支えあわなきゃって言うのもあるかもしれないけど、お互いがお互いを尊重しているので。もう長男は大人なので…。油断はならないですけど() ときどきはもう、すっごい角をはやして…未だに()

 

あとリフレッシュが上手いんですよね、多分。娘と一緒に遊んだりするし、姉が娘を預かってくれたりするので。

あと、100%真面目じゃないのもいいのかも。どこか何%かは「大丈夫じゃない、自分!」って思う、それで調整できてるのかな?

あと、つらい時は人に聴いてもらう

イベント情報

3月はお休みですzzz

スマビをご覧いただき
ありがとうございます

スマビ新着情報!

2017年▽

2/27「世界に一人だけのためのトリセツ」

1/30ブログ「スマビスタイル」up☆

2016年▽

12/26ブログ「スマビとして」up☆

12/18アイシングクッキーを作ろう!開催!

9/25ブログスカッとボウリング!up

9/24サポートブックを作ろう!開催!

7/30 ブログsacramentup☆

6/30 mirainowa☺再開です!

5/14 ブログ熊本地震」up

3/26-27ららマルシェ開催

2/7 わくわくまつり開催!

2015年▽

12/29 ブログ「Thankyousmile☺」up☆

10/30 サポートブックを作ろう!開催!

8/30 ららマルシェ夏開催!

6/18 スマビ勉強会✐開催!

3/14-15 ららマルシェ開催!

3/3 ブログ「28年7か月」up

1/28 スマビ勉強会✐開催☆

2014年▽

11/10 「わくわくまつり」開催

8/26 ららマルシェ♪秋

up☆

7/14 ブログ「sukinamono」up☆

5/9 ブログ「mirainowa♪」up☆

3/31 ららマルシェ♪報告!

2013年▽

11/21 サポートブック勉強会報告

11/11 偉人館更新☆

  「波多野麻記さん」

9/30 講演会「きょうだい児の想い・必要な支援」の報告♪

7/24 「エンゼル基金交付式に行ってきました!」up☆

6/29 スマビ勉強会✎報告!

5/31 偉人館更新☆
  「ソルトさん」

5/16 ブログ「まぼろしのウィー」up☆

2012年▽

11/22 きょうだいのWA!

スタート!

9/21 サポートブックを作ろう!開催☆

4/5 偉人館更新☆

  「園田道子先生」

2011年▽

12/13 偉人館更新☆

  「村山陽子さん」

11/18 偉人館スタート!

  「今村三奈子先生」

9/19 ブログ私の「受容」up☆

9/1 スマビHPスタート!!

8/1 スマビHP開設☆

25・26年度

エンゼル基金助成金交付団体

スマビへようこそ!!
スマビへようこそ!!

☆おすすめの本☆

↑障がい関連の本が豊富です☆