支援方法や熱い活動、こども達の作品等々

 

スマビのいいね!を 熱~く!紹介していきます!

産道くぐり

 

今回ご紹介させて頂くのは、妊娠・出産・子育て情報ネットワーク うみ・つき さんの

「産道くぐり」という活動です!

うみ・つきさんは「産み育てる側から変わりたい!」と、妊娠・出産・子育てにまつわる、いろいろな課題に直面したメンバーが、もっと学びたい・当事者として発信したいという想いをもって、情報交換や学び合うネットワークづくりを目的とし活動されています。

 また、うみ・つき=サービスする側/参加者=消費する側、という図式ではなく、

ご自身たちも当事者として、自分たちが望むような場を提供し、そこに参加する方と企画を一緒に作り上げていく、という趣旨を大切にされていらっしゃいます(*^▽^*)

産道くぐりの紹介動画があるので、まずはそちらをご覧ください!

母親役をされているのが、代表の田代佳織さんです!とっても優しい笑顔です

 

私はこの動画をみて、思わず涙が溢れました。

命の大切さを将来を担っていく若い女の子が実感するという尊い活動内容は勿論なのですが、自己肯定力を育む土台作りにも一役かう、素晴らしい活動だと思いました。

 

人は成長する過程で、生まれた時にまず無償の愛を注がれ、人を信頼するというスキルを身に付けるとされています。

この土台があってこそ、様々な経験を通して、また成長する過程で大切なものやその人を形成する人格などが根づいていくわけですが、赤ちゃんの頃からそうした経験に乏しいまま成長していくと、上に積み上げられる土台がないままになってしまうので、大人になってからも人を信頼できず、いろいろな場面で苦労することになります。

実際に経験されている方は、よくわかるのではないかと思います。

 

積み上げていくにはどんな年齢になっていようとも、まず、そこに返って無償の愛を注いでくれる存在にふれ、土台を作りなおすことが必要なのだそうです。

でも、大人になればなるほど、無償の愛を注いでくれる存在なんて、なかなか見つけられないですよね。

 

この産道くぐりは、それを疑似体験できるな、と思ったんです。

 

自分が赤ちゃんになり生まれてくるところからの体験をすることで、生まれてきた瞬間にたくさんの祝福をもらう喜びを感じることが出来る、素晴らしい空間

生まれた環境や状況はひとそれぞれ違うし、芯からその経験を取り戻す事は出来ないのかもしれませんが、きっかけをつくる事はできるのではないかと思いました。

田代佳織(たしろかおり)さん

田代佳織さんfamily❤パパさんも素敵な笑顔です~!!
田代佳織さんfamily❤パパさんも素敵な笑顔です~!!

そんな素敵な活動もされている「うみ・つき」の代表・田代佳織さんは、他にも

「ツナガリアートプロジェクト」「ママそら☆くまもと」(山部もお世話になっています☆)と、3つの活動を掛け持ちしながら、また3人のお子様を育てながら!!

日々積極的に活動されています(≧∀≦)

 

ツナガリアートプロジェクト

交流会の様子♪
交流会の様子♪

子どもや障がいのある方と作り出すアートを真ん中に、ものづくりのワークショップや展示会を開催し、人と人とが触れ合う時間を作りたいと動き出したツナガリアートプロジェクト! ちぎり絵作家、荒木聖憲さんの応援や活動拠点のアトリエTでのあれこれも綴ります♪

ママそら☆くまもと

ママそら☆くまもと
ママそら☆くまもと

ママの輝きから明るい未来を創造するプロジェクト「ママそら」のくまもと支部!ママの輝きから子どもや家庭、社会を元気に。そして明るい未来へ☆ ソーシャルメディアを通じて空の様に広く深く繋がりながら、ママの安心感・笑顔・輝きを応援していきます。

山部もお世話になっています(o>ω<o)

田代さんが活動されていく中に、命を慈しむ繋がり・育む繋がり・繋げていく繋がり・・

命のリレーの輪が私には見えた気がして、どうしても田代さんをご紹介させて頂きたくなりました。

熊本の女性に寄り添い、優しくつつんで、元気にしてくれる田代さん!!!

当たり前の事なんてない、奇跡のような連続の日々。

そして、命の愛しさ・美しさを知っている田代さんだからこそ、様々な角度から、その輪を繋げていくことが出来るのだと思いました。

 

自分を大切に出来る女性なら、命も大切にできるはずです。

この世界に生まれくる子ども達に、無条件のたくさんの祝福が注がれることを願わずにはいられません。

2014.06.11 更新

★一貫した支援法★

通園または通学している場所で使っている、スケジュールや声掛け、支援グッズなどの支援法を家庭でも取り入れることで、スマビキッズにはとても過ごしやすい環境になります☆

もちろん、家庭で取り入れている支援を、園や学校で使用することも同じです。

つまり、「子どもの過ごす環境が一貫していると、子どもにとって混乱なく過ごしやすい環境になる」のです!

スマビキッズが見通しを立てる上で大切なもののひとつ、「スケジュール」を例にして、紹介していきます☆

園で使うスケジュール
園で使うスケジュール

★園で使っているスケジュール★

一日の流れが一目でわかるようになっています。

文字が読み書きできるようになり、会話での意思疎通がだいぶ出来るようになった頃から、左のようなスケジュールを使うように。

 

before…

文字が読める前は、「おやつ」「きがえ」など一つ一つがカードになっていて、そのカードも、絵が大きく字が小さいものを使っていました。

カードの裏にはマジックテープがついていて、着け剝がし出来るようになっています。

長~いスケジュールでしょ~(*^_^*)!

成長と共に、ツールや支援法も変化するのです!

 

我が子が使うものを、大変でも、自分で作れたらいいですよね。

ほしぐみでは、こうしたツールなども一緒に作ってくれたりします! 子どもの長い人生において、親が最大の支援者になれるよう、サポートしてくれているのです。

ネット等で買うと、高いです…よね(^_^;)

 

家庭で使うスケジュール
家庭で使うスケジュール

園からアドバイスを頂きながら、家庭でも同じようなスケジュールを使用します。 カレンダーも、もちろん同じものを使います!

before…

「1カ月の予定」の前は、「1週間の予定」でした。→

 

カードの大きさの比較写真
カードの大きさの比較写真

↑の画像をクリックすると拡大します!

 

実は、こういった視覚的支援の中には、子育てをしていくうえでヒントになることも、沢山あったりします!

我が家の長女は通常クラス在籍ですが、長男とともにわかりやす~いツールで一件落着♪

ということもしばしば…;

ここで紹介したものだけでなく、特別支援教育そのものが、障がいの有無に関係なく、全ての子どもにもわかりやすいツールでもあったりします。

 

これから、様々な支援法や声掛けなど、スマビのいいね!を皆さんに発信していきたいと思っていますので、育児の参考にもして下さいね!

 

PHOTO

ゆびわやさん
ゆびわやさん

廃材も、スマビキッズの手にかかれば

あっという間に立派な作品になります!

みなさんの隣にもきっと、天才や発明家がいますよね~!

沢山のスマビキッズの作品をご紹介していきたいです

イベント情報

3月はお休みですzzz

スマビをご覧いただき
ありがとうございます

スマビ新着情報!

2017年▽

2/27「世界に一人だけのためのトリセツ」

1/30ブログ「スマビスタイル」up☆

2016年▽

12/26ブログ「スマビとして」up☆

12/18アイシングクッキーを作ろう!開催!

9/25ブログスカッとボウリング!up

9/24サポートブックを作ろう!開催!

7/30 ブログsacramentup☆

6/30 mirainowa☺再開です!

5/14 ブログ熊本地震」up

3/26-27ららマルシェ開催

2/7 わくわくまつり開催!

2015年▽

12/29 ブログ「Thankyousmile☺」up☆

10/30 サポートブックを作ろう!開催!

8/30 ららマルシェ夏開催!

6/18 スマビ勉強会✐開催!

3/14-15 ららマルシェ開催!

3/3 ブログ「28年7か月」up

1/28 スマビ勉強会✐開催☆

2014年▽

11/10 「わくわくまつり」開催

8/26 ららマルシェ♪秋

up☆

7/14 ブログ「sukinamono」up☆

5/9 ブログ「mirainowa♪」up☆

3/31 ららマルシェ♪報告!

2013年▽

11/21 サポートブック勉強会報告

11/11 偉人館更新☆

  「波多野麻記さん」

9/30 講演会「きょうだい児の想い・必要な支援」の報告♪

7/24 「エンゼル基金交付式に行ってきました!」up☆

6/29 スマビ勉強会✎報告!

5/31 偉人館更新☆
  「ソルトさん」

5/16 ブログ「まぼろしのウィー」up☆

2012年▽

11/22 きょうだいのWA!

スタート!

9/21 サポートブックを作ろう!開催☆

4/5 偉人館更新☆

  「園田道子先生」

2011年▽

12/13 偉人館更新☆

  「村山陽子さん」

11/18 偉人館スタート!

  「今村三奈子先生」

9/19 ブログ私の「受容」up☆

9/1 スマビHPスタート!!

8/1 スマビHP開設☆

25・26年度

エンゼル基金助成金交付団体

スマビへようこそ!!
スマビへようこそ!!

☆おすすめの本☆

↑障がい関連の本が豊富です☆